ペット 葬儀

Sponsored Link

ペットの旅立ちを葬儀でお見送り・ペットロス対策にもなる?

ペットの旅立ちを葬儀でお見送り・ペットロス対策にもなる?

 

家族同然のペットが天国に旅立ってしまうと、ペットロスに陥ることがあります。ペットロス自体は正常な反応であり、おかしなことではありません。しかし、ペットロスが重症化することで心身的な変化が起こるので気をつけなければいけません。

 

 

最近はペット霊園が多く増えてきました。それだけ、ペットを家族同然に考える人が多くなってきているということなのでしょう。ペットロスを重症化させないために、きちんと葬儀をしてお見送りをしてあげる必要があります。

 

ペット用墓石通販店【こころ工房】

 

 

葬儀をするということは、心の整理をつけることにも繋がります。勘違いしてはいけないのが、整理をつけること=忘れることではありません。ペットが亡くなってから沈みがちな自分の心に整理をつけるということなのです。

 

 

なぜ葬儀がペットロス対策になるのかというと、ペットが亡くなったことを自覚出来るからです。

 

 

愛犬家、愛猫家の人の中にはペットが亡くなったことを認められない人もいます。認めないということは、そこから前に進めないということです。葬儀をして、ペットを人と同じように弔うことで愛情と感謝の気持ちを表現するという人もいます。

 

 

ペットが亡くなったことは悲しいですが、そこで立ち止まらず、きちんと弔ってあげることで今まで傍にいてくれたことに感謝の気持ちと、天国に行けるようにと祈りましょう。

 

ペットの旅立ちを葬儀でお見送り・ペットロス対策にもなる?

 

ペットロスが酷くなることで、食事が出来なくなる、外出が出来なくなるというものもあります。

 

 

特に仕事などで家を空けていて、ペットを看取れなかった人ほどペットロスになる確率は高くなります。仕事を休んでいれば、一緒にいてやればという気持ちで自分自身を責めてしまうのです。

 

 

どれだけ責めても、亡くなったペットは戻ってきません。だからこそ、亡くなってしまった大切な家族に対して何が出来るのかを考えましょう。葬儀は別れるためだけのものではなく、新しい出発のためのものでもあるのです。

 

 

ペット霊園で葬儀をしてもらうことで、お墓を作ることも出来ます。思い出に浸りたくなったら、専用の納骨堂を借りてお参りをするのもいいでしょう。ペットも飼い主が落ち込む姿より、明るくしてくれていることを望むはずです。

 

 

葬儀をすることで、ペットの旅立ちを見届けて新しい道を行ったのだと心に納得させましょう。ペットロスからうつ病を発症することもあるので、甘く見ないようにしましょう。きちんと食べて、寝て、笑って、ペットがいた時と同じ生活が出来るように頑張ってください。

 

室内でも屋外でもOK!サイズ多数のペット墓石

Sponsored Link