ペット 犬 猫 ホテル

Sponsored Link

犬や猫などを一時的に預かるペット用ホテルの特徴とは

犬や猫などを一時的に預かるペット用ホテルの特徴とは

 

犬や猫を一時的に預かるペットホテルというものがあります。旅行に連れていける場所が増えてきてはいますが、どうしてもペットを連れて行けない時もあるでしょう。そんな時は、ぜひペットホテルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ペットホテルは名前の通り、ペットを預かる宿泊施設です。基本的に犬や猫などを預かるところが多いのですが、ペットホテルによっては他の動物も預かってくれます。

 

 

一般的に預かることだけを考えた施設もあれば、動物病院やペットサロンに併設されているところもあります。

 

 

 

 

動物病院のホテルはペットの体調が悪くなった時に、すぐ対応してもらえるのが最大のメリットです。ペットサロン併設の場合は、トリミングなどで馴染み深いところであれば、他のホテルほどストレスも少なく宿泊できるでしょう。

 

 

料金はそれぞれのスタイルによって大きく異なります。安価なところもあれば、サービス豊富で割高なところなどさまざまです。

 

 

最近は空港にもペットホテルが併設されていることもあるので、どうしてもペットホテルが見つからない時は空港に問い合わせてみるのもいいかもしれません。

 

 

ただ空港のペットホテルは、比較的人が多く集まる場所に限定されるようです。地方空港などでは、ペットホテルを空港内に作っても需要がないなどの理由からすぐに撤去されてしまうケースもあります。

 

犬や猫などを一時的に預かるペット用ホテルの特徴とは

 

他にも、ペットホテルはどのペットでも利用出来るわけではありません。他の動物の安全面などを考慮して、利用条件を厳しく設けているところもあるので注意しましょう。

 

 

基本的に犬の利用条件は、狂犬病の予防接種がされていることが最低条件になっています。そのため、狂犬病の予防接種を受けたという証明書を持っていかないと利用出来ないこともあるようです。

 

 

ペットホテルは、いざという時に便利ですが愛犬や愛猫にとってストレスが溜まるのは必須と思いましょう。

 

 

スタッフ自体はストレスが溜まらないように配慮してくれますが、それでも見知らぬ場所にいるというのはペットにとって予想以上に大きなストレスとなるのです。なので帰宅したら、普段以上に構ってあげることでストレスを下げられるのではないかと言われています。

 

 

難しく説明をしましたが、基本的にペットホテルは気軽に利用出来ます。利用条件についても最低限のものを設けているところがほとんどなので、一般的な飼い方をしている飼い主が断られることはないのではないでしょうか。

 

 

Sponsored Link