ペット 犬 猫 泊まれる宿

Sponsored Link

ペット同伴で泊まれる宿が大人気?犬や猫と外泊を楽しもう

ペット同伴で泊まれる宿が大人気?犬や猫と外泊を楽しもう

 

家族旅行に行く時、愛犬や愛猫などのペットは自宅で留守番が当たり前でした。しかし、近年はペットと一緒に泊まれる宿が増えてきているようです。

 

 

ペットも家族の一員として考える人が増えているため、ペットも一緒に泊まれる宿泊施設の需要は年々高まっている傾向にあります。

 

 

しかし、飼い主が気をつけなければいけない注意点がいくつかあります。マナーを守って、愛犬や愛猫と楽しい外泊を過ごすように心がけましょう。

 

ペットを宿泊施設に入れる前に、足を拭いておくこととブラッシングはしておきましょう。

 

 

特に旅館などの場合は、室内も土足厳禁にしているところが多いので気をつけなければいけません。ホテルであったとしても、なるべく汚さないようにするのは飼い主が配慮しなければいけないところです。

 

 

他にもベッドやソファなど、人間が使うものにペットを乗せないようにしましょう。爪などでソファやベッドを傷つけることになると、宿泊施設側も良い気分ではありません。

 

 

もっとも気をつけたいのは、ノーリードは厳禁ということです。ペット宿泊可能ということは、他にもペットを連れた宿泊客がいるということです。ノーリードのままだと、他の犬と喧嘩になることもあるため、宿泊施設側に迷惑がかかってしまいます。

 

ペット同伴で泊まれる宿が大人気?犬や猫と外泊を楽しもう

 

チェックアウトの時に気をつけたいのが、室内を軽く掃除しておくことです。抜け毛などは、粘着シートなどで掃除して取っておきましょう。

 

 

チェックアウト後に、ホテル側のスタッフが掃除をしますが放置で部屋を出てしまうと手間がかかります。スタッフ側の掃除時間も無限ではないので、なるべく配慮することを心がけましょう。

 

 

マナーの悪い宿泊客ばかりになると、せっかくのペット宿泊可能も取り消される可能性があります。ペット宿泊は当たり前ではなく、ホテルや旅館側の配慮によって実現したサービスであることを忘れないようにしましょう。

 

 

最後にもっとも気をつけたいのが、粗相をした時です。慣れない環境や場所によって、ストレスを溜めてしまったペットが粗相をすることがあります。その時は、必ず宿泊施設側に申し出るようにしましょう。

 

 

ペット宿泊可能施設に連れて行く場合、愛犬は待て、おすわり、おいでの3つは出来るようにしておきましょう。この3つを覚えさせておくことで、余計なトラブルを回避できる可能性があるからです。

 

 

人間にとっては楽しい旅行であっても、ペットによっては慣れない場所に行くためストレスを抱えてしまう可能性があることも覚えておいてください。

 

 

 

Sponsored Link