ペット 犬 猫 しつけ

Sponsored Link

犬と猫では違う?ペットごとにしつけのやり方を変えよう

犬と猫では違う?ペットごとにしつけのやり方を変えよう

 

ペットを飼う以上、しつけは必要です。しかし、犬と猫ではしつけの面で大きな差を見せるので、混同しないように気をつけましょう。

 

 

犬のしつけと聞くと、飼う以上最低限のことという認識を持つ人も多いでしょう。しかし、猫のしつけはあまり聞かない人も多いのではないでしょうか。猫は気まぐれな一面を持っていることもあり、しつけに苦労する飼い主は珍しくありません。

 

 

犬は主従方式を行うことで、比較的簡単にしつけをすることが出来ます。上下関係を大切にする犬だからこそ、飴とムチを使い分けることで主従関係を築けるようになるのです。

 

 

犬のしつけが上手くいかない場合は、犬の中で飼い主の立場が下だと思われているのです。その考えを正さない限り、しつけは上手くいかないので気をつけましょう。

 

 

犬とは違い、猫は飴とムチが通用しない部分があります。叱ることで良くないことを覚えていく犬と違い、猫には言葉による叱りつけはほとんど効果がないのです。そのため、可哀想かもしれませんが猫のしつけには天罰方式を取り入れましょう。

 

 

猫は水や大きな音を嫌います。そのため、しつけるために霧吹きで水をかけるというのも有効です。

 

 

ただし、顔にかけるなどするとさすがに可哀想なので、足元に水をかけるなどをしましょう。心配な場合は掃除機など、大きな音を立てることも有効です。

 

犬と猫では違う?ペットごとにしつけのやり方を変えよう

 

犬は最初に飼い主を下だと思っていても、しつけによって逆転の考えを持たせることは可能です。しかし、猫の場合は一度決まった立場を逆転させることは至難の業と言えます。

 

 

そのため、立場が決まる前にしつけを完了させるのが理想です。逆に立場が決まる前の場合は、比較的簡単にしつけをすることが出来ます。

 

 

猫にしつけをする場合は、自分より下だと思われないように振る舞うことが大切です。例えば、猫がわがままを言っていても聞こえないフリをするのも有効です。何度も聞こえないフリをすることで、自分の意見が通らないのだと猫も理解するようになります。

 

 

そのため、猫のしつけの基本は叱るではなく無視であることを覚えておきましょう。聞こえないフリのコツを掴めば、猫のしつけも苦労せずにすむかもしれません。

 

 

犬と猫ではしつけのやり方も異なりますが、同じ猫であっても合うやり方と合わないやり方があります。効果的なしつけは猫や犬によって違ってくるので、色々と試してみることをおすすめします。ただ、猫の場合は天罰方式なのでやりすぎないように注意しましょう。

Sponsored Link