犬 無駄吠え

Sponsored Link

犬の無駄吠えを防ぐには?しつけのポイントまとめ

犬の無駄吠えを防ぐには?しつけのポイントまとめ

 

犬を飼っている家庭で、最初に困るのが無駄吠えです。犬は吠えるものと言っても、時間と場所によっては周囲に迷惑がかかり、飼い主の印象も悪くなります。しかし、犬の無駄吠えは適切なしつけによって治るので安心してください。

 

安心の返金保証付き↓
無駄吠え防止グッズのしつけくん

 

 

無駄吠えを直すためだからと言って、むやみに叱るのは良くありません。犬にとって吠えるということは自分の意思表示をしていることも同然であり、仕事のようなものです。そのことに気づかないまま、吠えることを我慢させてしまうと犬にストレスを溜めさせてしまいます。

 

 

人間もストレスを溜めると体調を崩すことがありますが、動物はそれが顕著に出ます。散歩に連れて行かないだけでも、犬はストレスを溜めて体調を崩してしまうことがあるからです。

 

 

犬の無駄吠えを直すために必要なことは、吠える原因を取り除くことです。ストレスが溜まっているなら散歩に連れ出す、遊んであげるなどで軽減することが出来ます。

 

 

本来、犬は人間に飼われるためだけの動物ではありません。そのため、人間と生活をするだけで我慢をさせてしまっている部分があるのです。飼い主としては、普通に接しているつもりでも愛犬にとってはストレスを感じることが多々あります。

 

 

無駄吠えを直すためのしつけには、どんなことがあるのでしょうか。まずご飯が欲しい、散歩に行きたいなどの要求吠えにはこたえないことも大切です。散歩に連れて行ったのに、再度の散歩を要求する場合が要求吠えに当てはまります。

 

犬の無駄吠えを防ぐには?しつけのポイントまとめ

 

ストレスを軽減させるということは、犬の要求に何でも答えるということではないので気をつけましょう。

 

 

他にも犬は上下関係を大切にする動物です。そのため、自分より飼い主が上だと認識している場合は無駄吠えもあまりありません。

 

 

無駄吠えが多いということは、犬の中で飼い主が自分より下と見ている可能性があるのです。そのため、適切なしつけや信頼関係を築き、飼い主の立場を上だと思わせるようにしましょう。

 

 

愛犬の中にはご飯の時に嬉しさから無駄吠えをすることがあります。ご飯を与える前に無駄吠えが酷い場合は、収まるまで食事を与えないというのもしつけのひとつです。

 

 

そうすることで、犬は吠えてもご飯をもらえるわけではないということを学習します。一度学習したら、同じことを繰り返さなくなるまで行いましょう。犬の中で吠えても良いことはないということが理解出来たら、食事の前の無駄吠えがなくなります。

 

 

このように、きちんと無駄吠えの理由を知ることも大切ということを覚えておきましょう。

 

愛犬の無駄吠えで近所迷惑、睡眠不足になっているなら
無駄吠え防止首輪のしつけくん

Sponsored Link