猫は外飼いと室内飼いどちらが良い?それぞれの特徴

Sponsored Link

猫は外飼いと室内飼いどちらが良い?それぞれの特徴

猫は外飼いと室内飼いどちらが良い?それぞれの特徴

 

猫を飼う時、室内飼いと屋外飼いのどちらがいいのか悩む人も多いでしょう。どちらにもメリットやデメリットはありますが、基本的におすすめしたいのは室内飼いです。では、室内飼いと屋外飼いの特徴を見ていきましょう。

 

 

 

基本的に猫に関する危険度は、屋外飼いの方が高めです。車や他の人間と接触することもあるため、その点はどうしてもリスクが高くなってしまうのです。逆に室内飼いの方は、自宅に関するダメージは大きいのですが、猫そのものに関する危険度はありません。

 

 

どうしても屋外飼いの場合は、感染症やノミ、ダニなどを貰ってくる可能性が高くなります。室内飼いになればそういったリスクはほとんどなく、家具の落下などが唯一の危険なものになります。

 

 

心配な愛犬のお留守番の悩みを解消【Furboドッグカメラ】

 

 

一番心配されるのが、妊娠です。飼っている猫がメスの場合、屋外飼いにすることでいつの間にか妊娠をしていたということがあります。

 

 

ちなみに、避妊手術をせずに外に出すことで発情期に妊娠する確率は90%を超えていると言います。そういった危険性もあるため、なるべく室内飼いの方がいいでしょう。

 

 

ただ屋外飼いのメリットもあります。それは運動量です。室内飼いだと、どうしても運動不足になりがちです。キャットタワーなどを設置しても、屋外飼いの運動量には遠く及ばないので肥満やぐーたら癖がついてしまうこともあります。

 

 

室内飼いと屋外飼いの大きな違い、それは寿命です。室内飼いが平均寿命15歳に対して、屋外飼いの場合は7歳と半分以下になっているのです。

 

猫は外飼いと室内飼いどちらが良い?それぞれの特徴

 

交通事故や病気などに見舞われる可能性が高いため、どうしても寿命が短くなってしまうのです。

 

 

その点、室内飼いであれば愛猫に異変があった時はすぐに動物病院に連れて行くことが出来ます。病気や怪我の場合、迅速な行動で愛猫の命に関わります。

 

 

そう考えると、すぐに異変を察知出来る室内飼いの方がおすすめです。大切なペットと長く一緒にいたいのであれば、断然室内飼いの方がいいでしょう。

 

 

もちろん、屋外飼いで必ず短命というわけではありません。長く生きることもあるのですが、それは稀なケースなのです。屋外飼いをすることで、飼い主も大丈夫だろうかと不安になることもあるでしょう。室内飼いにすることで、そういったものを防ぐことが出来ます。

 

 

住んでいる場所によって、室内飼いが出来ない場合もあるでしょう。しかし、今はペット可物件も珍しくないので、愛猫と暮らすのであれば室内飼いに切り替えましょう。

 

 

2016年度グッドデザイン賞受賞【Furboドッグカメラ】

Sponsored Link