犬の夜泣き・無駄吠えとはどう付き合っていけば良いの?

Sponsored Link

犬の夜泣き・無駄吠えとはどう付き合っていけば良いの?

犬の夜泣き・無駄吠えとはどう付き合っていけば良いの?

 

犬を飼っている人が頭を悩ますこと、それが無駄吠えや夜泣きです。しかし、犬が無駄吠えや夜泣きをするにはきちんとした理由があるのです。無駄吠えや夜泣きをしたからと言って、無条件で怒るのではなく改善に努めることが大切です。

 

 

無駄吠えをする時は、ペットが周囲に対して恐怖を抱いている時もあります。慣れない人が来ている、慣れないものがある、などです。

 

 

ペットにとって、室内飼いであれば世界は室内だけになるので狭いのです。そのため、ちょっとしたものでも見慣れないものがあれば警戒を強めてしまいます。警戒が強いタイプで無駄吠えや夜泣きが酷い場合は、散歩などでいろいろなものと遭遇させましょう。

 

 

他の飼い主が連れている犬、いつもとは違う散歩コースなどでも構いません。さまざまなものと触れ合わせることで、見慣れないものに対する恐怖や恐れは軽減出来るようになります。

 

 

一番良いのはドッグランに連れて行くことです。ドッグランであれば、他の犬も多くいるため、コミュニケーション能力を高めることが出来ます。

 

 

夜泣きを直したい場合は、無駄吠えと同じように恐怖や不安を取り除いてあげましょう。特に就寝時にすべての灯りを消すことで、ペットが不安を覚えることがあります。この場合は、小さな灯りをつけておくだけでも夜泣きを軽減することが出来ます。

 

 

人間も同じ感覚を持つ人がいますが、暗闇の中だと自分ひとりだけが取り残されているような感覚を持ち、一気に不安が押し寄せてくるペットもいるのです。

 

犬の夜泣き・無駄吠えとはどう付き合っていけば良いの?

 

基本的に無駄吠えや夜泣きを失くすためには、不安と恐怖を取り除くことが大事です。

 

 

灯りをつけたり、周囲と触れ合わせようとしてもなれなかったりした場合は、飼い主が傍にいる時間を多めに取ってあげましょう。ペットにとって、一番安心出来るのは飼い主の傍です。

 

 

飼い主と一緒にいる時間を増やすことで、恐怖や不安も薄れるようになり、夜泣きや無駄吠えを軽減出来ます。これは犬種によっても異なってくるので、それぞれに適した方法を選びましょう。

 

 

無駄吠えや夜泣きには、必ずペットを悩ませている何かの原因があります。無駄吠えをしているからといって、強制的に止めるのではなく、何が原因で無駄吠えや夜泣きに至っているのかを知ろうとする努力をしてください。

 

 

強制的に止めさせても、一時的な解決にしかならないことが多く、根本的には何も変わらないことが多いからです。愛犬のことを知ることが出来るのは飼い主だけなので、きちんと向き合ってあげてください。

 

愛犬の無駄吠えで近所迷惑、睡眠不足になっているなら
無駄吠え防止首輪のしつけくん

Sponsored Link