高齢ペットの認知症について・よくある症状や予防のポイント

Sponsored Link

高齢ペットの認知症について・よくある症状や予防のポイント

高齢ペットの認知症について・よくある症状や予防のポイント

 

ペットも高齢化することで認知症を患うことがあります。犬や猫でも認知症になるのか、と驚く人もいるでしょうが、意外と珍しいことではありません。

 

 

犬の認知症の症状として、意味もなくうろうろするというものがあります。ドアの前で立ちすくんだり、トイレの失敗が増えるようになったら警戒をしておきましょう。他にも食欲不振や睡眠の不規則さが目立つようになり、意味のない無駄吠えも増えます。

 

 

主な原因は加齢とストレスと言われています。動物全般に言えますが、その中でも犬はストレスに弱い生き物です。些細なストレスから体調を崩すこともあるので気をつけましょう。

 

 

犬の認知症の場合、薬物治療食餌療法があります。このどれもがすべてのペットに効果的であるとは言えませんが原因を軽減させることは出来ます。

 

 

ペットが認知症を患わないように、飼い主に出来ることはあるのでしょうか。

 

 

飼い主が出来る対策として、DHAやオメガ3を含むサプリメントをペットに与えるというものがあります。これらはペットの認知症予防に効果が期待出来ると言われていて、実際に実践している人も多いでしょう。

 

 

高齢ペットの認知症について・よくある症状や予防のポイント

 

他にはビタミンEなどの活性酸素を抑えてくれる成分のペッとフードなどを食べさせるというものもあります。活性酸素が活発化することで、認知症のリスクも高くなるのです。

 

 

そのため、ペットフードの成分表などをしっかり見て、活性酸素を抑えるビタミンEなどが豊富に含まれたものを食べさせてあげましょう。

 

 

食事は健康をもたらすものの中で、とても重要なものです。食事を疎かにしたせいで、悪影響が出ることもあるので注意してください。

 

 

認知症予防にもっとも効果が期待出来るのではないかと言われているのが、刺激を与えることです。

 

 

単調な生活が続けてしまうと、人間もペットも気力を失ってしまいます。そのため、散歩に連れ出すコースを変える、室内で負担にならない程度に遊んであげるなどをすることで、認知症予防になるのではないかと言われているのです。

 

 

適度な運動は酸素を脳に贈るため、脳神経を活発化させます。そのため、認知症予防に繋がるのではないかと予想されているのです。

 

 

このように、認知症予防に関して飼い主が出来ることは意外と少ないことが分かりました。しかし逆を言えば、少ないからこそ悩まずに何をすればいいのか明確に分かるということにも繋がります。

 

 

ペットが認知症にならないように、兆候が出てから何かをするのではなく、日常的に刺激を与えて予防に努めましょう

Sponsored Link