犬や猫の歯石取りは必要なの?歯の健康を維持する方法

Sponsored Link

犬や猫の歯石取りは必要なの?歯の健康を維持する方法

犬や猫の歯石取りは必要なの?歯の健康を維持する方法

 

人間が歯医者に行くと、歯石取りをしてもらうことがあります。しかし、犬や猫なども歯石取りをしてもらえることは知っていますか?今回はペットの歯石取りの必要性などについて紹介します。

 

 

ペットに歯石取りが必要なのか、結論から言えば必要です。歯石取りを怠ると、歯周病になってしまい、綺麗な歯が失われてしまいます。既に歯垢になっている場合は、歯磨きなどのブラッシングでは取れないので気をつけましょう。

 

 

人間と同じように、猫や犬も歯周病になります。虫歯はないと言われていますが、その分歯周病になりやすいタイプの子もいるようです。

 

 

歯を健康に保つということは、食事への関心が薄れないことに繋がります。つまり、歯の健康を維持することがペットの寿命を延ばすこととも言えるのです。

 

 

歯の健康を保つ最善の方法は、やはり歯磨きです。しかし、これはペットの性格によっては歯磨きが出来ずに諦めなければいけないこともあります。特に成長期になった犬や猫の場合、まず大人しく歯磨きをされてくれません。

 

 

そのため、歯が生えそろう時期の生後6ヶ月頃までに歯磨きに慣れさせておきましょう。子犬子猫の頃から歯磨きに慣れさせることで、多少嫌がったとしてもまったく出来ないということにはならない可能性の方が高いのです。

 

 

歯磨きが出来ない場合は、歯磨き用のウェットシートやガーゼで拭いてあげましょう。

 

犬や猫の歯石取りは必要なの?歯の健康を維持する方法

 

ペットの性格によっては、口にすら触れないということもあります。そんな時はブラッシング効果のある療法食やおやつを用いて歯磨きをしましょう。

 

 

ペットの歯の健康を守るために、飼い主もペットに合った方法を見つけましょう。最初はガーゼやウェットシートから歯磨きをしてみてはいかがでしょうか。歯ブラシは怖がるペットも多いのですが、ガーゼなどはそうでもない場合もあるからです。

 

 

ただし、歯磨きだけでは防げない病気もあります。猫の場合は歯肉口内炎、歯の吸収病巣などが当てはまります。

 

 

これは歯肉の細菌増殖が原因と言われているため、歯磨きで出来る部分を超えているのです。ですが、歯ブラシを異常に痛がる猫はこれらの病気を患っている可能性があるので、動物病院に連れていきましょう。

 

 

歯周病予防のために、ペットの歯磨きはとても大事なものですがストレスを多く与えてしまいます。もちろん、ストレスフリーで出来る歯磨きはないのである程度のストレスを溜めさせてしまうのは想定内にしておきましょう。

 

 

ペットの歯の健康を守れるのは飼い主だけなので、多少嫌がられても根気強く行うことが大切です。

Sponsored Link