ペットフードの選び方によってはアレルギーも?主な症状について

Sponsored Link

ペットフードの選び方によってはアレルギーも?主な症状について

ペットフードの選び方によってはアレルギーも?主な症状について

 

さまざまな店舗で販売されているペットフードですが、一部のペットにとっては安全ではありません。もちろん、一般的に多くのペットに受け入れられるように作られてはいます。しかし、アレルギーを持つペットにとっては一般的なペットフードも危険なのです。

 

 

ペットフードの選び方次第で、愛犬や愛猫がアレルギー反応を起こすことがあります。一般的に多いのが皮膚炎です。そのため、新しいものを食べさせる時には皮膚に異常がないかを確認しておくといいでしょう。

 

 

その他に、鼻炎や腸炎、眼瞼炎症などもあるので異変が出やすい場所は常に見ておくようにしてください。更に、フケや下痢、嘔吐などの症状を引き起こすこともあるようです。

 

 

基本的にペットがアレルギーを引き起こす原因として、化学合成物が挙げられます。ペットフードに使われている添加物がアレルギーを引き起こすこともあるのです。

 

 

他にも小麦やトウモロコシなどでアレルギーになることがあります。可能であれば、動物病院でアレルギーを持っていないか調べてもらう方がいいでしょう。

 

 

食べ物に関してアレルギーになりにくいのが、ラム肉や鹿肉、魚類と言われています。現時点でアレルギーを持っていないペットは、これらが使用されているペットフードを食べさせることで、新たにアレルギーを引き起こすリスクを軽減出来ます。

 

ペットフードの選び方によってはアレルギーも?主な症状について

 

他にも添加物を使用されていないペットフードを選ぶことも大切です。最近はグレインフリーやグルテンフリーなど、アレルギーを起こしにくいものも増えています。ペットショップや動物病院などで相談すると、ペットフードの選び方についても詳しく教えてもらえます。

 

 

ただ、アレルギーになりにくい食材などはどうしても割高になりがちです。そのため、飼い主には大きな負担がかかってしまうのですがペットの健康を守るためと考えましょう。

 

 

アレルギーで苦しくても、ペットは言葉で飼い主に伝えられません。エサも出されるものを食べるしかありません。つまり、飼い主がきちんと気にかけてあげないとペットが苦しむことになるのです。

 

 

アレルギーは初期症状が分かりやすいものが多いので、見逃さないようにしましょう。どんな食材であっても、ペットがアレルギーを引き起こす可能性がゼロというものはありません。

 

 

低リスクと言われている食材でさえも、絶対にアレルギーを引き起こさないとは言えないものなのです。そのため、低リスクだからと言って安心せずに、本当に大丈夫かを見極めてあげましょう。

Sponsored Link