食欲が落ちているペットのために何をしたら良いの?

Sponsored Link

食欲が落ちているペットのために何をしたら良いの?

食欲が落ちているペットのために何をしたら良いの?

 

夏場など体調を崩しやすい時は、ペットの食欲が落ちることがあります。体調を崩している時にも食欲が落ちるため、飼い主としては心配になることも多いでしょう。しかし、食欲が落ちた時の対処法もあるので紹介していきます。

 

 

ペットの食欲が落ちる理由のひとつは、高齢になったからです。年齢を重ねることで味覚や嗅覚も衰えるため、食欲不振になることも珍しくありません。加齢によって運動量も減り、必要とするエネルギーが少なくなったのも理由のひとつです。

 

 

 

 

 

 

この場合は、食事を柔らかいものにするという対処法を取りましょう。ドライフードなどは、噛めないだけではなく消化不良を起こすことがあります。そのため、お湯をかけてふやかしたり、カロリーの高いウェットフードを与えるなどしましょう。

 

 

他にも食欲がなくなる原因として、ストレスが溜まりすぎている場合があります。飼い主と接する機会が少ない、狭いところに閉じ込められているなどでペットは大きなストレスを感じます。

 

 

この場合、高齢のペットのように柔らかくふやかす必要はありません。ストレスが原因の場合は、その原因を取り除くようにしましょう。運動不足であれば、思いきり遊んであげることも食欲不振を改善するための方法のひとつです。

 

 

さらに、ペットがエサを食べるまで傍にいてあげるのもいいでしょう。ストレスが理由の場合は、精神的なものが多いので飼い主が傍にいることで改善することもあります。

 

食欲が落ちているペットのために何をしたら良いの?

 

最後は病気による食欲不振です。高齢でもない、ストレスでもない場合は病気を疑った方がいいでしょう。

 

 

病気が原因の場合は、食欲不振だけではなく他の症状も出ている場合がほとんどです。嘔吐や発熱を併発している場合は、様子見をするのではなくすぐに動物病院に連れていきましょう。

 

 

呼吸器系の病気で食欲がなくなることもあるので、専門家に診てもらうのが一番の改善策です。

 

 

病気でも何でもない場合は、単にペットフードに飽きている可能性があります。飽きている場合は別のペットフードに変更することで、食欲を戻すことが出来るので試してみましょう。

 

 

ただ、アレルギーを持っているペットの場合、他のペットフードを探す時にはアレルゲンが入っていないかを確認しながら探しましょう。

 

 

ペットの食欲不振は、命に関わる場合があるので気をつけましょう。言葉で意思疎通が出来ない分、飼い主がしっかり見ていてあげないといけません。特に病気が原因だった場合は、早期発見が大切なのですぐに動物病院に連れて行ってあげてください。

Sponsored Link