しつけにも役立つ犬や猫のおやつの上手な与え方とは

Sponsored Link

しつけにも役立つ犬や猫のおやつの上手な与え方とは

しつけにも役立つ犬や猫のおやつの上手な与え方とは

 

おやつはしつけをする時に、とても有効活用出来るものです。エサで釣るという方法はあまり良いとは言えませんが、しつけの一環に用いるのは悪いことではありません。しかし、しつけのためとはいえおやつを用いる時に気を付けることもあるようです。

 

 

おやつを用いてのしつけを行う場合、おやつメインで行わないようにしましょう。良いことをした時に、タイミングを逃さずに与えることでどんどんしつけたいことを覚えて行きます。

 

 

ただ、タイミングを間違ってしまうとペットは何が理由でおやつをもらえたのか理解出来ない場合もあります。

 

 

例えば、おすわりをした直後に与えるべきおやつを立ち上がった後に与えると意味がありません。そうなると、ペットも褒められた理由がわからないけど、とりあえず食べておこうという意識を持ってしまいます。

 

 

タイミングを逃さないためにも、しつけをする時はポケットにでも忍ばせておくことをおすすめします。

 

 

しつけが成功した時に与えるおやつについて、基本的には何でも構いません。毎日食べているペットフードでも構いませんし、その時だけの特別なおやつを用意しても問題ありません。

 

しつけにも役立つ犬や猫のおやつの上手な与え方とは

 

しつけの効果を高めるためには、特別なおやつの方が望ましいですが、これは飼い主が決めましょう。そして、出来ればおやつの種類は複数用意しましょう。おやつに変化をもたらすことで、ペットがしつけにも積極的になってくれる可能性が高いからです。

 

 

間違ったおやつの与え方として、ねだられた時に食べさせるというものです。飼い主からすればねだる姿を可愛く思うのは当然です。しかし、ねだっておやつをもらえるという認識を植え付けてしまうとしつけに苦労するのでやめましょう。

 

 

この認識が植え付けられてしまうと、しつけに倍の時間がかかる可能性もあります。しつけ期間中は、おやつやエサの与え方にも注意しないといけません。

 

 

犬を飼っている人の場合、散歩中にもしつけのタイミングはやってきます。褒められることをしたのに、手元におやつがないとご褒美をあげられません。ご褒美をあげたりあげなかったりになると、しつけの効果も減ってしまうので気をつけましょう。

 

 

初めてしつけをする飼い主であるほど、上手なおやつの与え方に悩む傾向があります。最初は失敗しても当たり前なので、難しく考えないで自分の思うようにやってみましょう。少しずつ正しいやり方を覚えて、ペットと一緒に成長していくという気構えでも問題ありません。

Sponsored Link