犬や猫のペットフードを安全に保管できるフードストッカー選び

Sponsored Link

犬や猫のペットフードを安全に保管できるフードストッカー選び

犬や猫のペットフードを安全に保管できるフードストッカー選び

 

ペットフードを安全に保護するためには、フードストッカーに入れることをおすすめします。

 

 

最近はチャック付きなどもありますが、酸化を抑えるためにはフードストッカーが必要不可欠です。しかし、選び方のポイントが異なるのできちんと見極めてから用意するようにしましょう。

 

 

フードストッカーを購入する前に、まずペットのエサのあげ方について見直してみてください。小分けにして使うタイプか、毎日使うタイプかで選び方が異なってくるからです。

 

 

毎日使う場合は、開けやすさや閉めやすさ、出来る限り真空状態を維持できるかなどを重視しましょう。最近はデザインの良いものが増えてきましたが、やはり重視すべき点は利便性や品質でしょう。

 

 

小分けにして使うフードストッカーの場合は、真空状態に出来るかどうか、酸化防止剤を装着出来るかを重視した方がいいかもしれません。

 

 

小分けにするということは、それだけ長期間の保存をするということです。そのため、いかにして品質を保ったままでいられるかどうかが重要となります。

 

犬や猫のペットフードを安全に保管できるフードストッカー選び

 

なぜ、ペットフードの酸化を防がなくてはいけないのでしょうか。一般的に考えて、ドライフードであれば真空状態にこだわらなくてもいいのではないかと考える人もいます。

 

 

しかし、酸化することで栄養素が低下するだけではなく、味自体も落ちてしまいます。いくらドライフードであったとしても、味が落ちたものをペットが好んで食べるわけではありません。

 

 

せっかく栄養価の高いペットフードを購入しても、保存方法を間違ったことで栄養価と味を落としてしまうので、フードストッカーを利用するようにしましょう。

 

 

購入するとなっても、高価なものを買う必要はありません。ホームセンターや100円ショップでも、十分有効活用出来るフードストッカーはあります。ただペットフード専用のものは防腐剤入れがついていたりと、ペットフード保存に特化した機能がついています。

 

 

脱酸素剤を入れるスペースがあったりすることもあるので、完璧な保存を求めている人はペットフード専用のものを購入した方がいいかもしれません。そこまで割高なものでもないので、いろいろと見てみてはいかがでしょうか。

 

 

たかが保存の仕方ひとつで大きく変わるわけがないと思っている人もいるかもしれません。しかし、人間の食べ物でも保存方法を間違うと味や品質が落ちてしまうものがあるはずです。そういったものと同じだと考えて、しっかりフードストッカーで適切な保存を行いましょう。

 

Sponsored Link