犬や猫のペットフードに入っているお肉の種類どれが良いの?

Sponsored Link

犬や猫のペットフードに入っているお肉の種類どれが良いの?

犬や猫のペットフードに入っているお肉の種類どれが良いの?

 

ペットフードには、必ずと言っていいほど肉が含まれています。しかし、肉と簡単に言ってもその種類はさまざまです。今回はペットフードに使われている肉の種類と特性について調べてみました。

 

 

一般的な肉と言えば、やはり牛肉でしょう。たんぱく質が豊富であり、脂質やカロリーが高いのが特徴です。

 

 

成長期などで食べすぎると、一気に肥満や高血圧の症状が出てしまうので気をつけてください。ただし高齢になって食欲が落ちているペットには、少量でカロリー摂取が出来るのでおすすめです。

 

 

牛肉に続いて知名度が高い肉として、鶏肉が挙げられます。高たんぱくでありながら低カロリーと、ダイエットにはとても最適な食材です。ペットだけではなく、人間でもダイエット食としてチキンを用いている人もいるのではないでしょうか。

 

 

疲労回復や滋養効能もあるため、病気などであまり食欲がなかったペット回復食としてもおすすめです。ただし、牛肉やこの後紹介する豚肉と比べると淡白な味なので食いつきが悪いという難点もあります。

 

 

豚肉はビタミンB1が豊富な肉として有名です。たんぱく質は牛肉に劣るのですが、ビタミンB1は牛肉の10倍が含まれていると言われています。

 

 

筋肉疲労などを回復する効果もあるので、日常的によく遊ぶペットにおすすめしたい食材です。夏バテを防ぐ食材としても有名なので、暑さが本番に入る前から豚肉を使ったペットフードに切り替えていく飼い主も珍しくありません。

 

犬や猫のペットフードに入っているお肉の種類どれが良いの?

 

そして、近年ドッグフードの材料に使われることが多くなったのが羊肉です。

 

 

羊肉には脂肪燃焼を促すカルニチンが多く含まれています。脂肪燃焼効果と言っても、食べるだけで脂肪燃焼をするわけではありません。しっかり運動をさせないと、カルニチンの効果も発揮されないので注意しましょう。

 

 

逆に普段の運動量が少ないペットが羊肉のペットフードをメインにした場合、高確率で肥満になります。その理由は、他に肉と比べて脂質とカロリーの両方が高いというものがあります。そのため、羊肉のペットフードは運動量の多い子に食べさせるようにしてあげてください。

 

 

ペットフードに肉が含まれていると言っても、種類によって大きな差が出てくるようです。

 

 

紹介した肉以外にも、馬肉が含まれているものもあるようです。オメガ3を含んでいるため、免疫力上昇などの効果も期待出来るので、おすすめしたいのは馬肉です。

 

 

ペットの状態などに合わせて、しっかりと肉の成分の合うものを選んであげてください。

Sponsored Link