年齢に合わせたドッグフード・ペットフードの与え方について

Sponsored Link

年齢に合わせたドッグフード・ペットフードの与え方について

年齢に合わせたドッグフード・ペットフードの与え方について

 

人間も年齢を重ねることで、油っこいものなどが食べにくくなってきます。ペットも同じように年齢に合わせたペットフード選びが大切なのです。今回は年齢に合わせたペットフードの選び方などについて紹介します。

 

 

健康な犬の場合は、ドライフードで問題ありません。ドライフードは栄養食として作られているため、硬いエサが顎の強化や歯周病予防に繋がるからです。

 

 

生後半年くらいの仔犬であれば、ソフトドライフードにしましょう。ドライフードに似たタイプですが、粒が柔らかく歯が完全に育ち切っていない仔犬でも簡単に食べられます。他にも柔らかいため、消化不良を防ぐ効果もあるのです。

 

 

シニア犬になると、消化不良などの問題からドライフードを食べなくなる子が多くなってきます。年齢を重ねているからこそ食へのこだわりも強く、空腹であっても気に入らないエサは食べません。

 

 

そんな気難しい愛犬にはセミモイストがおすすめです。嗜好性が高いので、消化機能が落ちてドライフードを食べない愛犬におすすめです。

 

 

 

他にもウェットフードがありますが、これは食欲のない愛犬におすすめです。夏バテなどで食欲が落ちている場合、栄養価が高いものを食べさせなければいけません。ウェットフードはさまざまな種類が出ているため、どれかは気に入るものも出てくるでしょう。

 

年齢に合わせたドッグフード・ペットフードの与え方について

 

エサの選び方として、エネルギー量を目安にしましょう。成長期の場合は成犬に比べて平均2倍のエネルギーを必要とするため、栄養バランスが整ったものを食べさせなければならず、ドライフードがおすすめです。

 

 

ただ、まだ仔犬の場合は消化機能が成熟していない場合があるのでソフトドライフードにしましょう。

 

 

6歳までの維持期に入ったら、成長期よりもエサの量を多くしてあげなくてはいけません。身体が大きくなるということは、それだけ食べる量も増えるからです。

 

 

しかし、与え続けることで肥満になる可能性があるので注意しましょう。肥満になった後は元の数値に戻すまでが大変なので気をつけてください。

 

 

高齢期になると必要とする栄養が3分の1になるため、肥満に気をつけなければいけません。維持期と同じ感覚でエサを与えていると、すぐに肥満や高血圧になるので注意しましょう。

 

 

動物は自分で言葉を発することが出来ないため、異常があっても伝えられません。だからこそ、飼い主がしっかりとペットの様子を見ていてあげなくてはいけないのです。年齢や体調などに合わせて、飼い主がペットに最適なエサの与え方をしてあげましょう。

 

 

Sponsored Link