野良猫 猫よけ

Sponsored Link

猫よけで野良猫対策・本当に効果のある方法について

猫よけで野良猫対策・本当に効果のある方法について

 

地域によっては、野良猫が多く生息するところもあるでしょう。そのため勝手に敷地に入ってくる、糞尿被害に遭うところもあるのではないでしょうか。そこで、野良猫対策として猫よけが有効です。

 

 

猫よけ対策で重要なのは、猫にとって不快な場所であることを教え込むということです。ですので、猫が苦手とするものを周囲に置いてみるのもいいかもしれません。

 

 

しかし、猫が苦手なものと言ってもパッと思いつかない人もいるのではないでしょうか。猫が不快だと思うのは、通路に植木鉢やラティスなどで障害物を置かれることです。

 

 

たったそれだけと思う人もいるかもしれませんが、猫にとって通路を通りにくいということは不快に感じるため、障害物を置いただけで猫が寄り付かなくなったという場合もあるようです。

 

 

猫よけの第一段階として、まずは障害物を置いてみることから始めてみると良いでしょう。もし障害物で効果がない場合は、次の段階を考えるというやり方でも遅くはないはずです。

 

 

猫よけとして、物理的な行動に出る人もいます。水を吹きかけたり、小型のエンジンやモーター音で威嚇するなどです。

 

猫よけで野良猫対策・本当に効果のある方法について

 

しかしいくら糞尿被害などに遭っていたとしても、野良猫は人間よりも弱い動物です。過剰な物理対策は、動物虐待として受け取られてしまうので気をつけるようにしてください。

 

 

過激なやり方として漂白剤やタバコ、タマネギ、ニンニクを使用することは、猫だけではなく環境汚染にも繋がるのでやめましょう。

 

 

特に動物にとってタマネギやニンニクなどは、劇薬のようなものです。いくらストレスを感じているからと言って、動物を傷つけるようなことは絶対にやめましょう。

 

 

ちなみにペットボトルに水を入れたものを置くことで、猫よけになるという話をよく聞きます。それを信じて、あちこちでペットボトルに水を入れたものを屋外に置いている家庭を見かけますが、このペットボトル猫よけはまったく効果がありません。

 

 

効果があるだろうと思って設置をしても、そのボトル付近で猫が寝ていたという報告もいくつかありますので、別の方法を考えた方がいいでしょう。逆に邪魔になって苦情が出る場合もあるようです。

 

 

猫よけで大事なことは、猫にとって居心地の良い空間を作らないようにすることです。

 

 

猫が居着いてしまう理由は、猫にとってその場所の居心地がよく、落ち着く場所だからです。ですので猫の習性なども考慮して、どうすれば猫が近寄らなくなるかを考えてみるのもいいでしょう。

 

Sponsored Link