ペット 墓

Sponsored Link

ペットのための墓が人気?さまざまな作り方をご紹介

ペットのための墓が人気?さまざまな作り方をご紹介

 

ペットが亡くなってしまった時、少し気持ちが落ち着いた後に考えるのがお墓です。

 

 

最近はペット霊園で火葬をして、そのまま霊園の納骨堂に入れるという方法が一般的のようです。しかし、納骨堂に入れる以外にもペットのお墓を作ることは可能です。

 

 

持ち家の自宅であれば、庭にペットのお墓を作りたいと考える人もいるでしょう。庭にお墓を作る場合は、ペット用の墓石も販売されているのでそういったものを利用しましょう。

 

 

ペット用の墓石には、足跡やシルエットを彫ることが出来ます。彫れるものは商品によって異なる場合があるので、しっかり確認してから購入しましょう。

 

 

 

 

 

ただ、土葬の場合は自宅の庭であっても他の動物に掘り起こされる可能性があるため、なるべく1m以上掘った場所に埋めた方が良いようです。その上に墓石を置くことで、更に掘り起こされるリスクを減らすことが出来ます。

 

 

石材屋に注文することで、動物の形の墓石を依頼することも可能です。写真などがあれば、それをもとにそっくりに彫ってもらえることもあります。ただ、技術が必要なのですべての石材屋で対応しているわけではないようです。

 

 

他にも仏壇で供養をするという方法もあります。これは、お墓は作らずにペット用の仏壇で供養するというものです。室内で供養出来るため、お墓を作った時のように天候に左右されずに供養出来るのがメリットです。

 

ペットのための墓が人気?さまざまな作り方をご紹介

 

気をつけたいことは、人が入っている仏壇と一緒にしないということです。人とペットは仏壇を分けるべきと言われているので、ペット専用のものを用意しましょうペット霊園に相談することで、ペット専用の仏壇がどこで買えるのかも教えてもらえるでしょう。

 

 

ペットのお墓の基本的な作り方としては、墓石を用いたもの、仏壇を用いたものが一般的でしょう。

 

 

墓石を用いたもの、仏壇を用いたもの、それぞれ注意点に気をつけてください。せっかく作ったペットのお墓も注意点を守らなかったことで、マナー違反と言われることがあります。

 

 

他にもお墓ではありませんが、骨などを入れられるペンダントをオーダーメイドして肌身離さず持っておくという方法もあります。

 

 

ペットのお墓について、ある程度気を付けるべき点はありますが基本的には飼い主の好きにしていいのです。自分が納得出来る方法、ペットが望んでいるであろう方法を考えて、後悔のないお墓作りをしましょう。

 

 

悩んだ時はペット霊園に相談をしてみると、アドバイスを受けられるのでおすすめです。

 

Sponsored Link