無添加 ドッグフード

Sponsored Link

無添加のドッグフードなら安全?適切な選び方をチェック

無添加のドッグフードなら安全?適切な選び方をチェック

 

愛犬にとって、毎日のご飯であるドッグフードは欠かせないものです。しかし近年はさまざまなドッグフードが展開されているため、どれを買えばいいか悩む人もいるでしょう。こちらでは、ドッグフードの適切な選び方について紹介します。

 

 

ドライフードの中には無添加と強調されているものもあります。添加物と聞くと、どうしても身体に良くないイメージがありますが、相応のメリットはあるのです。

 

国産無添加ドッグフード「Dr.ケアワン」

 

 

添加物が使われていないと、ドッグフードが腐敗しやすくなり、カビなどが繁殖しやすくなります。他にも、必要な栄養素が不足するなど、無添加ならではのデメリットもあるのです。

 

 

多頭飼いをしていて、ドッグフードも比較的早めに消化する家庭では無添加でもいいのかもしれません。健康面で考えると、やはり無添加の方が良いのは事実です。

 

 

 

 

しかし愛犬が1匹しかいない家庭で大袋を短期間で消化するのは難しい場合、添加物使用のものの方が良いと言えるでしょう。

 

 

特に犬は雑食能力を持っていることもあり、肉をメインとした食材のドッグフードが多くあります。もちろん肉だけではなく、さまざまな栄養素が含まれていますが、無添加のものだと痛みやすくなります。ドライフードだからと言って、痛まないわけではありません。

 

無添加のドッグフードなら安全?適切な選び方をチェック

 

缶詰やパウチに入っているウェットフードであれば、無添加のものの方がいいでしょう。ドライフードに比べると栄養価も高く、バランスが崩れがちな食事面のサポートをしてもらえます。

 

 

ちなみに添加物の含まれたウェットフードの場合は、歯石や歯周病の原因になると言われています。そのためあえて避けている飼い主も珍しくありませんが、食欲が落ちている時などは食べやすいウェットフードの方が愛犬も喜ぶ傾向があります。

 

 

無添加のドッグフードは、確かに健康面には良いものと言えます。しかし添加物が含まれているものにも、メリットはあるのだと覚えておきましょう。

 

 

ドッグフードの適切な選び方は、やたらと無添加にこだわるのではなくアレルギーや年齢も考えてください。犬によってはドッグフードを変えるだけで体調が改善することもあります。逆にアレルギー反応で体調が悪化する場合もあるのです。

 

 

病気の愛犬にはその部位に合わせたものが販売されているので、豊富な種類を扱っている店舗で比較してから選ぶようにしましょう。

 

 

ドッグフード選びに悩んだ時は、大型ペットショップ店員に聞いてみるのも一つの方法です。ペットショップ店員はさまざまな知識を有している人もいるので、的確なアドバイスを貰える可能性が高いのです。

 

国産無添加ドッグフード「Dr.ケアワン」

Sponsored Link